ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 紙バンドで麻の葉編みにトライ!! | main | 紙バンドでハットスタンド!! >>
2018.04.01 Sunday

パピエスライトで薔薇の花作り!

◆手順と参考ヒント解説 

全て、ライト(薄い)バンド12本幅を使用、便宜上まず好みのカラーを選んで長さ約1mにカット

ばらの花2輪分で1m×9本が必要、全て幅広の24本幅・36本幅・48本幅に増幅し接着します。

用意する物・ボンド・両面テープ・1mのアルミバー又は金属定規・剥がし用ヘラなど

テーブルが汚れない為とバンドが剥がれ易い為の下敷き…  尚、大きい下敷きが無い時は工夫して代用品でもOK。  

例・厚手のガラス板・ステンレス・デコラ板・アクリル等etc…ボンドが着かない物

下敷きに両面テープを直線に1m程貼り、その上に定規替りのアルミバーを両面テープの半分くらいに貼る、

残り半分のテープ面はバンドの固定用で、バーの直線に揃えて仮押さえをして、少しずつボンドを着けながら

同色のバンドに接着、数分後に剥がし用ヘラ等を間に挟み、素早く下敷きと幅広バンドを剥がします。

以下の要領で24本幅・36本幅・48本幅の幅の広いバンドを準備し、花と葉の必要量用意する。

ボンドが垂れても良い様に下敷きの上で、作った幅広バンドの表・裏にボンドをハケで塗り、

ピンチハンガー等に吊るし手にボンドが着かない程度まで乾かします。

生乾きでもOKです、ボンドを塗る事に依って革の様に柔軟になり作業がし易く、

艶が出て割れの防止にもなります。

次はいよいよ、花びらのカットです、1輪の花で全部で花片16~18枚位が必要、

始めと終わり迄の大きさの違いに注意し、先の工程で広げて置いたバンドを選んで桃の形をイメージして切り揃えます。

小道具のドライバーなどでカーブを着けながら進める。

下の画像はカーブを着け終えた花片です。これから花片を1枚ずつ巻き付けますが、

最初の花片1枚に3伉の茎が入る空洞を作ります、

その中心の花片にボンドを着けながら外側へと花片を1枚々バランスを取りながら貼ります。

おしぼりなどを用意して、手の汚れ等、特に注意!

葉ぱの場合は36本幅×6cm位の長方形のバンドを対角線にカットして、芯の2本幅のひもに接着します。 

※下図を参考… ハサミを入れる前に、花片同様にボンドを表・裏に塗り、乾燥後に下記の見本画像の様に切る。

下の見本は生成り(ベージュ)ですが、茎と花とドッキング前の物で、ガクはガク葉5枚と一緒に花底に着けてから

余分に残して置いたガクの2本幅ひもで丸みを着けながら巻いて仕上げます。

ポイントですが、2本幅であらかじめ茎に直径2cmほど独楽の様に巻いて下地を作って置くと作業が楽です。

始めに作った空洞の穴3个坊圓寮菽爾魃坡僂縫ットして差込み接着、残りの2本幅ひもで花底が隠れ様に巻きます。

参考までに、茎の太さは4本幅をベースに両側に3本幅・2本幅で丸い棒状に作ります。長さは好みで…

完成したカラフルな色の紙バンドで作った薔薇です♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.16 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR