ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ようやく完成・姫路城!! | main | 2017年 >>
2017.03.02 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.09 Friday

越後関川村、猫ちぐらに魅せられて!

緻密な手作業、伝統工芸の美、関川村の猫ちぐらを紙バンドで本気モードで三度目のトライ!

編み始めて、約8時間後ようやく底の部分が出来て(35cm)、此れから立ち上げて編み進むところです。

猫の出入り口の高さ、約6cm位まで進み、これから四角に入り口部分を開けて編みます。

底にRが出来て、その分37cmに大きく広がる事に…

ここまで、約4時間を経過、完成まで根気が必要です。

これから胴周りに進み、一差し一差し時間がかかる作業が続きます。

調度タイミング良く、モノマガジンの最新号にも、関川の猫ちぐらが紹介されていました。

手元に来るまで2~3年待ちが普通だそうで、それを考えれば完成までの総製作時間の50時間は早い物です。

入り口の最上部分が橋の様に対岸にドッキング、これから天井のドーム作りに入ります。

素材の紙バンド(紙ひも)は丈夫で扱い易さが売りで、そう簡単には壊れないのが特徴です。

底と胴の境目に出来た編み目の対比が自然に出来た模様になり、お気に入りの一つです。

ドーム部分に到達、完成までもう少しです。

カーブ(R)の部分が一番気が抜けません。

難所も無事、通過

やっと、完成!どうにかゴール出来た事の達成感に浸る事が出来ました。 総制作時間 約50時間くらい

           出来上がりサイズ 径37cm×高さ37cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.03.02 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR