ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.03.02 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.07.24 Saturday

萱葺き屋根の民家

 
細い紙ひもの一本々を生かしたく、約二ヶ月掛けて萱葺き民家を再現しました。
使った紙ひも、400m巻一本!
当然、、畳、床の間、欄間や障子戸など内部のディテールにもこだわり、
夜には、灯りも燈る様にもして有ります。

▼屋根部分と組み込む前の、内部の様子



全体に、頑丈な作りにした為に、デフォルメ的ですが、お気に入りの作品に仕上がりました。

      高さ、35センチ 横、45センチ 縦、40センチ(台座も含む)
2008.09.20 Saturday

NEW 男の紙紐クラフト NO3

下町人情の街浅草、と来れば浅草寺の雷門!!
           正式名称は「風雷神門」


    サイズ 幅43センチx奥行34センチx高さ28センチ (台座も含む)
ここ浅草は、何度訪れても私の好きな場所の一つです。
残念ながら雷門の詳しい図面が無い為、本や資料写真など参考にして
素材の『かみひも』だけで再現しました。
製作時間より、準備時間が長く、色々なエピソードも沢山生まれて、
普段は体験出来ない、物造りの楽しさを味わいました。
例えば、丸柱の太さにしても、どれだけの寸法か市内の神社仏閣や鳥居を参考にと
探し歩き続け、結局想像で割り出した太さ75センチの(1/50)に
落ち着いた次第です。

※細部のカットもアップしましたので、ご覧下さい

▼最後まで難題の、風神像雷神像が遂に完成しました♪



▼以外に、見落としがちの裏側の天竜像と金竜像、帰る時には是非忘れずにご覧あれ…
2005.12.14 Wednesday

紙紐クラフトのすすめ NO.10


参考作品  御 輿  2005 
    サイズ 幅17傳奥行30傳高さ33
リンクのサイトでも紹介済のこの作品、神谷正一郎先生の図面を参考にさして
戴いた、とにかく細かい作業の連続で、さすが難易度が高かった。
私の場合は、どの作品もそうですが自由気ままに頭の中で構築して作るものだから
試作品もどきが多く出来てしまう難点が有ります。
次回の製作時には失敗から学んで次のステップに役立る様に努力しています。
ちなみに機関車などは、気が付いたら合計9両も作ってしまった経緯が有ります。
あまり自慢にはならない話しですが…
まぁそれらが土台になっていますから、緻密に再現する自負は持っています。

※ コレクションの中の機関車5両

2005.12.12 Monday

紙紐クラフトのすすめ NO.5


参考作品  法隆寺 五重塔
   サイズ 幅31�x奥行31�x高さ50�
前から、一度は作りたかった作品の一つ、色々な店で見た五重塔は無垢の
白木でキットで販売されいる、これを、かみひもだけで重厚に作れるとは内心驚きです。
図面は神谷正一郎著、御輿と花車の本を参考にしました。
※ 製作日数 約30日

     
Powered by
30days Album
PR