ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.08.19 Monday

紙バンドでハウスウェアを楽しむ♪♪

キッチン周りに有ると便利!紙バンド製の 角型トレイの大・小

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.08.01 Thursday

パピエスカラーの漆黒でレトロ感を演出!

敢えて飾りを省きシンプルに、四角をスマートなフォルムに仕上げた。

使う場所を選ばないシックな漆黒花結び手提げかご    LタイプとSタイプ

           サイズ 横10cm×縦30cm共に底が同じで高さがSが22cmとLが27cm(本体のみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.14 Sunday

令和2年 干支 子の試作が出来ました。

全て紙バンドで作る事をポリシーに、紙紐細工のジャンルでかわいい干支が完成♪♪

毎回、作って居る時に感じる事は1年が早い早い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.09 Sunday

新潟日報プロジェクト@未来のチカラin上越

妙高市の観光PRイベントが新潟市メディアシップで開催!

その中でも、特に目が釘づけになったコーナーに遭遇! 

平丸地区のスゲ細工は昔から有名で切手などの図案にもなりました。

素朴な民芸品を一度は現地に足を運んで見てみたいと思って居た所、

ラッキーにも実物の作品を自身の目に焼き付ける事が出来ました。

普段、自身が手にして作っているクラフトの紙ひも(紙バンド)とは、素材その物に違いは有りますが、

細い長い素材・手間が掛かる・地味な存在・などの共通点が多く何か不思議な縁を感じました。

その節は、作品の丁寧な説明までして頂き、有意義な時間を送る事が出来ました。本当に有り難うございました。

これからも末長く、平丸地区の素晴らしい伝統手工芸を保存会の皆さんで守って頂けたらと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.05.14 Tuesday

かわいい!こより珠を使って♪

これも、パピエスの仲間です。*こより珠*の名称で世に出ている紙ひもです。

使い道は無限大で、しなやかで丈夫で細いひもが特徴で、鈎針などで編む作品にも適しています。

そのひもを、工芸風に活用しての紹介です。

昔から木工細工に定番の白木! 数ある*こより珠*の中から選んだひもで、

パピエスの白木をベースに和の趣タップリ!! すす竹の(燻し竹)ミニ灯りです。

 

                参考サイズ  縦・横18cm×高さ22cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.19 Friday

続・Myクラッチバッグ

前回のつづき・・・桜並木のトンネル

意外な組み合わせで進化、パピエスバンドスタンダードのパールホワイトと白の同系色だけで

照明や光の当たり加減で市松模様のコントラスが浮き出て、色の奥深さを感じて

チョッピリ華麗な雰囲気がフォーマルな場面にもピッタリ・・・

             出来上がりサイズ   横5cm×縦25cm×高12cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.04 Thursday

オンリーワンのクラフトで・・・

春爛漫!!  まだ少し早い五分咲きの画像でお許しを、肌寒い日が続いて少し開花が遅れています。

お待たせ!ベストショットのUPです。

国の重要文化財、

信濃川を跨ぐ萬代橋をバックにやすらぎ提(市民の憩いの場)に咲き誇る雪柳の白と桜のピンクの花の嬌艶!!

そんな、花見にもピッタリな!TPOを選ばない、漆黒と黒茶のスリムタイプのMyクラッチバッグ!

自由にカスタマイズして、すぐ形にする事の出来る優れた素材の紙バンドで

持ち易く嵩張らない様に薄く仕上げた、チョット贅沢な自分だけのアイテムお供に真っ盛りの桜を満喫♪♪

     ◆出来上がりサイズ 幅5cm×横23cm×高16cm  ※かぶせ蓋はマグネット止め、持ち手無し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.15 Friday

和柄テーストのセカンドバッグ

手回り品などの収納に便利で、飲み会などにも持って行ける男女兼用セカンドバッグ!

パピエスカラーから特染の漆黒・藍・黒茶・くるみ四色を使ってシックな和柄の2パターンの紹介、

漆黒と藍で、久留米絣を彷彿させてくれる様な落ち着いた色合になった、四角い立方体と、

もう片方は黒茶とくるみでハッキリと模様を付け、ふたの天井部分を細めて台形型に仕上げたタイプ。

いずれも、出来上がりサイズ   縦23cm×横8cm×高15cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.01 Friday

これぞ、米百俵の世界だ!

地元ゆかりの故事、三根山藩と長岡藩の人材教育の尊さを説く米百俵物語!

夢中で作ったらハンパでない俵の数にビックリ、制作途中に自然とこの逸話に想いが巡り、

自身の想像でその情景を再現!

元はと言えば次回の作品に使う予定の装飾部品の一つ、福俵なのだ!

しかし、紙バンドでリアルに本物らしい俵の様に仕上げるには、

試しては失敗の繰り返しの連続、特に桟俵(ふた)さんだわらの部分に苦心しました。

たかが脇役の部品ですが、出来た上がった数は全部で150個のたわら、見応え充分で満足です。

お陰で余計に時間を掛けて伝馬船まで作る羽目に、その時の歴史を少し勉強出来た事が大きな収穫でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.02.12 Tuesday

只今、静かなマイブーム

元々は細い紐の集合体の紙バンド、その一本一本を最大限に活かしたミニ灯り・・・

今、私の周りではチョットした飾りに、女性の方にも大好評で制作仲間の輪が広がっています。

スタート部分は省きましたが、左から右へと完成品までの参考手順です。スタンドの足も全て紙バンド製です。       

                出来上がりサイズ 高23cm×直径16cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR